〒260-0025 千葉県千葉市中央区問屋町1-35 千葉ポートサイドタワー5階
ご予約・ご相談はお気軽にどうぞ TEL:043-245-6622
EPARK歯科 ネット予約受付中

千葉市中央区にある実績ある歯医者です。患者さまのお口の状態、要望に応じて質の高いオーダーメイド治療を実現いたします。

小児歯科

医院ブログ 求人情報 くろだ矯正歯科 ほしなが耳鼻咽喉科
HOME»  小児歯科

お子さんの成長を守るために

「生え変わるから」という理由で乳歯のむし歯を放っておくのは大変危険です。
お子さんの口の中にむし歯菌が増殖してしまうばかりでなく、むし歯で早期に乳歯を失うと永久歯の歯並びや咬み合わせに影響が出てきてしまいます。
歯並びや咬み合わせが悪いと歯磨きで磨き残しが増える原因ともなります。
また、しっかり咬めないことで成長にも影響を及ぼします。将来的にむし歯で悩まないよう早期の治療と予防で大切なお子さんの歯を守っていきましょう。

むし歯予防のために

むし歯が世界一少ない国、フィンランドでは、町・保健所・学校が一体となってむし歯予防に取り組み、子供たちのむし歯を減らした国として有名です。
そのむし歯予防の中心となったのは、「歯磨き」「正しい食生活」「定期検診」「フッ素」「キシリトール」の5つの要素です。

歯磨き

口の中を清潔にする歯磨きは、むし歯予防のためにとても大切な生活習慣です。
乳児期後半までに睡眠、運動、食事などの生活リズムを身に付けると同じように、規則正しい食生活に基づく歯磨きの習慣づけを行いましょう。

正しい食生活

丈夫な歯をつくる為には、産まれる前からのお母さんの栄養が大切になり、離乳食の頃から味覚を育て、正しく咬む事、栄養バランスのよい食生活を身に付ける事が重要です。
頻繁に飴やお菓子などを食べたり、砂糖を多く含むジュースを飲むなど常に口の中に糖質がある状態が続くと、むし歯リスクは非常に高くなります。

定期検診

市などの行政機関で実施される歯科検診は、おおよそ1歳6ヵ月頃に行われます。
そこで初めて歯科検診デビューをするお子さんが一般的ですが、乳歯が生え始めて間もなく歯科医院で検診される事をおすすめします。
「むし歯がないのに歯科医院に行くなんて」と思うかもしれませんが、むし歯の予防を考えるとむし歯がない状態で歯科医院へ行く事が理想的です。
定期的にフッ素を塗布すればむし歯のリスクはかなり抑えられますし、お子さんの歯やお口の状態について専門家から適切なアドバイスを受ける事も出来るので、早めの歯科検診がおすすめです。

フッ素

フッ素は、歯の石灰化を助け、歯を強くする効果があります。
特に生えたての乳歯や永久歯は、歯の質が弱く、むし歯になりやすいため、歯科医院で高濃度のフッ素を定期的に塗布する事でむし歯の予防効果が大きく期待出来ます。
むし歯リスクが高いお子さんには、トレー法を用いたフッ素塗布や、フッ素洗口などもおすすめしています。

キシリトール

キシリトールは、多くの果実や野菜の中に天然で含まれる自然の甘味料で、口の中でむし歯の原因である酸をつくりません。
そして、酸の中和を促進する働きも持っています。
また、むし歯の原因菌(ミュータンス菌)の活動を弱める働きを持っています。これは他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。

プレオルソ

「プレオルソ」とは、プレオルソという「マウスピース型矯正装置」を使い、小児の歯並びを改善する装置です。

歯は適当に生え並んでいくのではなく、「舌・頬・唇の筋肉」のバランスに合わせて並んでいきます。
つまり、この口周りの筋肉のバランスが悪ければ歯並びは悪くなり、バランスが良ければ理想の位置に自然と並んでいくのです。
プレオルソの特徴は「歯を直接動かす」のではなく、歯並びを悪くしている原因(口の周りの筋肉)を改善することで「間接的に歯並びを改善」していくことです。また歯並びが悪くなる原因として、日常の生活習慣も挙げられます。歯並びに悪影響を及ぼす生活習慣のなかでも今一番注目されているのが口呼吸です。口呼吸とは鼻で呼吸をせず、日常的に口が開いており、口でしか呼吸をしていない状態の事です。口呼吸の状態は舌の位置が下がり、口の周りの筋肉が使われていない状態になります(低位舌)
この状態は、常に口が開いた状態で、舌で前歯を前に押します。その結果、狭い歯並びや前歯が出たり、噛み合わせが悪くなります。また歯並びへの力のバランスを崩すだけでなく全身の健康のバランスも崩してしまいます。

口を閉じて鼻呼吸することは、歯並びと全身健康にとても大切なことだと考えます。プレオルソを使用する事で、歯並びを悪くする原因である「口呼吸」「低位舌」のトレーニングにも役立ちます。

子供のPMTC<\3,000>

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・ティースクリーニング」の略で、お子様自身や自分やお父様お母様の仕上げ磨きでは落とすことの出来ない汚れ(歯石やプラーク)を専用の器具や技術で除去する事です。
6才頃からは乳歯から永久歯に生え変わる時期で、お口の中の環境が大きく変化するので、特に気を付けてケアしたい時期でもあります。
当院では、新しくトレー法によるフッ素塗布を導入し、より細部まで薬液を行きわたらせる事でより効果のあるむし歯予防に取り組んでいます。

PageTop